医院クリニックの内装設計/福祉施設やホテル(余暇施設)設計、土木活用コンサルティングの株式会社IFA計画【東京】

activities
キャッチコピー

わが国の高齢者人口は約2,400万人ですが、高齢者住宅のストックはその4〜5%にすぎません。 団塊世代を中心に高齢化が一層進むことを考えれば、その受け皿の整備は喫緊の課題です。
これまで、高齢者施設は社会福祉法人が中心となって整備してきましたが、
官から民へという流れの中で民間の力を活用し、市場ニーズを的確に捉えた施設が
求められています。
IFA計画は「ここなら終の棲家として申し分ない」といわれるような「住まい」づくりをご提案します。

コンセプト

有料老人ホームをはじめとして高齢者住宅は、土地オーナーにとって魅力的な
土地活用事業です。
例えば、土地オーナーが、自地に有料老人ホームを建て、事業運営会社が
施設を20年間一棟借りし、入居者募集、入居者へのサービス、施設管理等を行います。
オーナーはリスクのない安定賃料を見込むことができます。

詳細は土地活用へ

介護デザインの実績

その他の対象施設

  • 有料老人ホーム
  • 高齢者専用賃貸住宅
  • デイサービスセンター
  • ショートスティ施設
  • グループホーム
  • ホスピス
  • 複合サービス型シニア居住施設

高齢者にとって医療と介護は別々ではなく一体のものです。
年をとって家族に負担を掛けないで安心した暮らしができればそれに越したことはありません。
IFA計画はこうした住まいを「メディケアレジデンス」と呼び、考えに共感し、
事業として立ち上げたいと思う土地オーナー、医療法人、ドクター、投資家を求めています。

「メディケアレジデンス」は、すでに事業化されている要素を一つに融合し、
相乗効果を生み出す複合化システムです。個々の要素はいずれも専門の事業者が存在し、
不動産賃貸事業として成立する事業です。
立地や敷地の規模に応じて最適な組み合わせをアセンブルし、
安定的な利回りが確保できるようにスキームを構築します。

組み合わせの要素

居住系要素 介護付き有料老人ホーム、健常者向け有料老人ホーム
高齢者専用賃貸住宅(高専賃)
介護サービス要素 デイサービスセンター(通所介護)
ショートスティ(短期入所介護)
グループホーム(認知症対応介護)
医療サービス要素 クリニック、クリニックモール
在宅療養支援診療所(在支診)、リハビリセンター
ヘルスケアサービス要素 フィットネスクラブ、温浴施設